なかなか暮らしが良くならない

2 年くらい前に食欲が落ち始めてから、食欲と体調がどんどん右肩下がりで下がっていて、なかなか日々の生活が良くならない。4 月に 停滞の春 という日記を書いたけど、状況は春より悪くなっている ... 。

 * * *

食事は今ではカロリーメイトをちょっとかじるくらいで精一杯で、食べる楽しみを味わうこともなければ、当然趣味の料理もできない。食事が摂れなくなってから、人を食事に誘うことも誘われることも無くなったので、人と会話する機会が極度に減った。

体調が不安定で人と予定を合わせづらいので、プライベートの時間に人と会うこともめっきり無くなった。仕事以外で人と喋らなすぎて、自分がどんな人と喋っていると楽しいのかも分からなくなってきた。

半年くらい前まではちょっと無理すればプライベートの時間に勉強や趣味コードを書いたりできたけど、今はとても無理だ。同職種の人達が余暇に勉強したり趣味プロジェクトを進めているのを見ると、焦るし自己嫌悪に陥る。

仕事にはなんとか週5で行けているけれど、頭の基本回転速度が落ちてしまったので以前はできていたができなくなったことが増えて、悔しい思いをすることが増えた。

総じて、人生の楽しさが 2 年くらい前と比較して 2-3 割くらいになってしまった。

 * * *

あまり暗いことばかり書いて〆るのもあれなので、つらい暮らしの中でも心の支えになっていることを 2 つ。

1 つ、働いている時間は楽しい。この組織に貢献したいなーと心から思えるところで働けているし、志を同じくする同僚たちもみんないい人ばかり *1 で元気をもらえる。

2 つ。Amazon Echo を買って、Kindle 読み上げ機能を使って耳から読書する時間が最近楽しい。光過敏気味なので毎日 1 時間強ほど目を休める時間が必要で、その時間が退屈で苦痛だったのけれど、その時間を耳からの読書に充てられるようになって随分と QoL(というとやや大袈裟だが)が上がった。

 * * *

まぁ、這いつくばりながらも何とかしぶとく生きる、しか自分にはできないので、そうしていきたいですね ... 。

*1:以前の職場がそうではないとう意ではない、念のため