お金と仕事と

仕事がなかなか繁忙期で、リリースまでまだまだ道のりはあるものの、一番の山場(と勝手に自分が思ってる)である先々週〜先週をどうにか乗り越えることができた。この半月はそこそこ無理をしていたので、その反動で土曜日は丸一日、今日は昼まで寝てしまっていた。

今まで経験したことのないような難しい仕事や忙しさの波が降ってくると、いつもは「この案件を無事終えられたら多少は給料に跳ね返ってくるだろうから頑張るぞー」と自分を奮い立たせるようにしているのだが、じゃあ仮に給料が上がったとして何か使いたいものがあるのか … と考えると、ぶっちゃけない、ということに最近気づき始めてしまっている。

  • 幸いにも今もらえている給料で普通の生活は送れていて、
  • これ以上生活レベルを上げたい欲求もなく(学生の頃から住んでいるこの狭い部屋も、慣れて何も不満を感じなくなってしまった)、
  • お金のかかる趣味があるわけでもなければ、
  • 欲しいものも特に無い(健康くらい)。
  • 将来子育てをするつもりも今のところ無い
  • 結婚の予定は無いけれど、仮にしたとしても生活費は今とあまり変わらないかむしろ多少安くなるのではないかと思っている(家や家具を相手と共有するわけだから)。

要するに、今以上に心身をすり減らしてお金を稼ぐ動機がほぼ無くなりつつある。強いて挙げるなら自分と親の老後のためにお金を貯める … くらいだろうか。。

とはいえ、この事実を真正面から受け止めると目の前の労働のモチベーションが死んでしまう気がするので、極力このことは見てみないふりをしながら毎日を生きている。

まぁ、将来自分や家族、大事な人の身に何があるか分からないし、あまり深く考えずに身体が動く歳に稼げるだけ稼いで損はないだろう。ということにして、また今週から頑張ろうと思う(まだ1日休みあるけど)。

※ 直近の生活に本気で困ってる人で、この文章を読んでイラッとさせてしまったらごめんなさい。