読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

帰省するたび思うこと

年末ですね。

うちの一家(父母姉)は毎年大晦日と元旦は両親の実家に集合するというのが暗黙の決まりなので、今年も実家のある関西に帰省することになるんだろう。*1

 

で、毎年帰省するごとに思うのが、「自分を無条件で全肯定してくれる存在って良いものだなぁ」ということだ。

僕は友達がほとんどいない。ゼロってことは流石にないけど。(大学時代はずっと引きこもってプログラミングしてて、社会人になってからも持病がひどくて人と会うなんてことは滅多にできなかったので、作るタイミングを完全に逃したのだ)

なので日頃顔を合わせる人たちは 99% が同僚だ。

 

仕事上の付き合いとなると、自分が仕事でヘマをすれば周りの信頼はあっさり落ちるし、逆に信頼を積み重ねていくのはとても大変だ。会社の中で周りから認めてもらうためには、日々の努力と成果の積み重ねが欠かせない。

一方で家族というのは、なーんにもしなくても、そのまんまの自分を受け入れてくれる。帰省するたびに、自分にもそういう存在があったのだなと、ハッとする。

 

僕の好きな言葉に「人には行く場所と帰る場所が必要だ」というのがある( この話から)。行く場所が働きに行く場所だとすると、帰る場所というのは「自分を無条件で全肯定してくれる人のコミュニティ」のことを指すだろうか。それは家庭に限らないと思う。

人には「帰る場所」、つまり自分を無条件で全肯定してくれる人が必要なのだと僕も思う。(特に、夢や目標に向かって頑張っている人にとっては、とりわけ。足場・帰れる場所があるから頑張れるというのはあると思う。)

僕にとっては家族がそうだし、少ないながらも友達にもそうしてくれる人がいるので、そういう存在のありがたさを噛み締めないとなぁと思ったのだった。

*1:てか先週金曜まで忙しすぎて新幹線のチケット取ってない。ヤバい。まあ喫煙席なら空いてるだろうしなんとかなるだろ。