灯台下暗しとはよく言ったもので、すごく基本的で絶対に押さえているべきことでも、日々目の前のタスクをこなしてるうちにだんだん意識の外に出て行ってしまう。久しぶりにチームの外の人とあれこれ話してるうちにハッと思い出して我に返って、あぁなんで俺はこんな大事なことすらも置き去りにしてたんだと自己嫌悪する、この現象に名前をつけたい。

たぶん、チームの外の人と話す時間を今よりちょっと増やすだけでだいぶ改善できそうなんだけど、単純なそれがなかなか難しい。