生きたいという欲求というか、生への執着心というのはとても強固にできているから、たとえ死ぬほどつらい苦しみを背負ったとしても、人間は生きることを選んじゃうと思うんだよな。
ということを考えるたび、それじゃあ実際に死んでしまった人はどれほどの苦しみを背負っていたのだろう、と想像する。