読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四方をすべてロックされて打つ手の尽きる時がそう遠くない未来にやってくるとしても、それを憂いて今を台無しにしてしまうことはしたくない。現実から目を背けてるだけかもしれないけれど。