ビザの話

On Off and Beyond: アメリカの就労ビザが欲しければ留学せよ

この話はかなりマジなようだった。(読んだ当時は「煽ってるだけで、ぶっちゃけなんとかなるでしょ」と思っていた。) miyagawaさんがブコメで「I so disagree. It's a waste of time.」とコメントされていたことについて、SFで滞在年数の長い日本人の方に伺ってみたら、waste of time というのはキャリアの視点からみた意味であって、ビザを取るためには(以下略…)と言っていた。

ちなみにこれは専門職(H1B)ビザに限った話。ほかにL1(駐在員)ビザがある。このビザの要件は「日本で既に1年以上会社が存続し、ビザ申請者自身も、最低1年以上その会社で働いている」こと *1 。H1Bと異なって転職すると切れてしまうことが難点。駐在員として1年向こうではたらいたのちグリーンカードを申請するという手もある。となると、申請条件に必要な1年 + 申請してacceptされるまでの半年〜1年弱 は向こうで働き続ける必要がある。社内でどれだけパスが開けているかを入社後に聞いてみることにする。

*1:http://www.chikawatanabe.com/blog/2011/10/visa.html