聞かれてもいないことを喋る

どこの SNS よりも一番自然体な文章を書き残す場でありたい

心配なんて意味がない

まったく予想していなかったことが、立て続けに起こっていく。 自分は心配性というか将来を悲観的に考えることが多々あるのだけれど、なんかここまで予想が覆る出来事が連続すると、心配するって行為は意味がないんじゃないかと思い始めてきた。だって事実、…

下期おしごと振り返り

自分の仕事の進め方 仕事の始めに「仕事の目的と最終完成物」を明確にする。 自分の仕事に集中するのは大事だけど、一歩引いて、プロジェクト全体の進捗管理/品質の心配もしよう。 チーム 「これってそもそもどうなの?」って話を皆でもっとしよう。覆すこと…

分析

個人的には分析はサービス開発に無くてはならないものだと思ってるけれど、分析は局所最適化の罠と隣り合わせだと思ってて、それにハマらず分析を武器にできる人はぶっちゃけかなり限られると思ってる。 (って偉そうに言ってる自分も既に局所最適化思考に染…

「食べていけるエンジニア」について思うこと

久しぶりに技術カンファレンスに足を運んだ。仕事が今日ばかりはどうしても忙しかったので、後半戦からの参加だったけど。 技術カンファレンスに行くと、技術力の高いエンジニアの発表にいつも圧倒されて、「もっと技術的な高みを目指してかないと、将来絶対…

はてなは Pocket のようなサービスをやったら良いと思ってる

はてな社員じゃないけど、夜のテンションで考えてみた。 概要 はてブの未読記事を、Pocket のように見やすい画面で消化していくアプリ(以下アプリA) もちろんはてブ連携が前提。 使う人いんの? 大量の [あとで読む] をブクマしたきり読んでないはてブユー…

「弱音を人に喋ることに対して後ろめたさを感じる」ということをもう何度も書いた気がするけど、そう思ってしまう理由は、僕が愚痴を聞くことがつらくなったがために離れることを選んだ友人関係が、過去にあったからだ。その経験が呪いのようにまとわり続け…

自分の小さな「箱」から脱出する方法作者: アービンジャーインスティチュート,金森重樹,冨永星出版社/メーカー: 大和書房発売日: 2006/10/19メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 156人 クリック: 3,495回この商品を含むブログ (412件) を見る 2日で人生が…

家に帰ったら赤いランプが点滅してて、明かりをつかたら電池が切れかけの3DSだった。 モンハンとマリオに飽きてから3DSを起動することもしばらくなくて、完全に持ち腐れ感があるので何か次のを買いたい気がする。次に買う候補をちょっと考えてみた。 ポケモ…

灯台下暗しとはよく言ったもので、すごく基本的で絶対に押さえているべきことでも、日々目の前のタスクをこなしてるうちにだんだん意識の外に出て行ってしまう。久しぶりにチームの外の人とあれこれ話してるうちにハッと思い出して我に返って、あぁなんで俺…

twitter に書いたことって、(あたりまえだけど) follower には勝手に見える。嫌でも見せてしまう。 一方でここに書いたことは、このページを能動的に開きに来る人にしか見えない、はず。( RSS リーダーに入れてる人は除いて...。) そういう意味で、ここ…

最近夜の眠りが浅くて少し困っている。Kindleで睡眠改善についての本が売っていたので買って読んでみた。カフェインは良くないとのことなので大好きなコーヒーをやめてみた。日中の運動が良いとのことなのでサボっていたジョギングも再開した。これで少しは…

猫物語白みた

「人は嫌なことがあったらどんどん逃げていいんだけれど、目を逸らしているだけじゃ、逃げたことにはならないんだよ。」

となりの怪物くん

となりの怪物くん(12) (デザートコミックス)作者: ろびこ出版社/メーカー: 講談社発売日: 2013/08/12メディア: コミックこの商品を含むブログ (10件) を見る もともと原作未読でアニメだけ見てた。アニメは原作の途中で終わってしまっていて続きが気になった…

関西の実家

に、大晦日と元旦の間だけ帰省した。実家といっても今両親が住んでいる場所は僕が生まれ育った町ではないのだけれど。 両親のことは好きだけど自分の性格上どうしても気ぃ遣ってしまうし、向こうにも遣わせてしまうだろうから、と思って 2 日しかいなかった…

秒速5センチメートルについて

思い出は良いことだけを残して、悪いことを忘れさせる、ということなのだと思う。

化物語やっと全部見た

化物語、怪異の話がいまいち刺さんなくて、 9 話くらいの撫子の回で積んじゃってたのだけど、友人 2 人から強く勧められたので、最終話( 15 話)まで見た。 良かった。たぶん羽川さんが好きなせいだと思うけど。 最終話の、羽川さんが取り乱してめちゃめち…

はてなダイアリーと自分

学部一年の頃(今から6年近く前になる)に、はてなダイアリーつながりで仲良くなった人々と久しぶりに飲んでいた。 大学に入学した頃から2年くらいはよくはてなダイアリーを書いていて(当時はプログラミングに出会ってなかったから普通に普段思ってることと…

今年の目標

「普通にやったら無理なことでも成し遂げられるように頭を使う」かなぁ。(がむしゃらに頑張ったが結果が出せず撃沈したのが去年だったので)

大晦日

お義兄さん「僕すごいアニメ見るんですよ〜」 俺「え、本当ですか!? 僕もです!!!!!!! どんなの見るんですか?」 お義兄さん「トリコとかワンピースとか」 俺「 ( ゚д゚) 」 お義兄さん「どんなの見るんですか?」 完全に地雷踏んだ死にたい— Cside (@Cside_) De…

2013年に見たアニメ

自分の tumblr ( http://csidephoto.tumblr.com/ ) 見たら過去に視聴したアニメが分かって便利だった。今年になるまでアニメ見たことなかったので、2013年に放映されたアニメ以外にもいろいろ入ってる。 ★ 5.0 Fate/Zero 切嗣最高だった 1 クールも 2 クール…

今年、仕事面では去年の三倍くらいで走ってた気がするけど、何一つとして満足の行く結果を出せなかった。何がいけなかったんだろう、とちゃんと振り返らないといけないと思うけど、悔しすぎてちょっと思い出すだけでも気持ちがぐちゃぐちゃになる感じになっ…

お台場

今年もお台場に散歩しに行った(ひとりで)。なんかわからんけど冬場の海が好きで、年に一回は見たくなる。で、毎年この時期に行く。海辺を歩くのは思ったより気分が晴れた。思えば普段の自分の生活圏にはこんなに広くて静かな場所はない。落ち着いた。30分…

違和感感じたところの議論を妥協すると本当にその後ずっと後悔し続けるし、妥協は良くない、本当に。目の前の相手と責任を共有している字画があれば妥協なんて選択肢はありえないはずだ。

おいおいまだ準備できてねーよというときに限って自分を試される機会はやってくるものだなぁと思う。うーん。 今日の帰り道は、どうすれば流されずに済むのかということを考えてたら一瞬で家に着いてしまっていた

日記

偉い人と喋る機会があった。 最近どうよ?と聞かれて、僕はこうこうこういう問題意識を持っていて、そのためにこういうことをやっていけばサービスはもっとうまくいくと思ってて...と自分の気持ちをひとつひとつほどいて話していった。 話しながら、今自分の…

アニメと自分

今でこそ 娯楽≒アニメ視聴 になってるけど、初めて深夜アニメを見始めたのは去年の今頃(琴浦さんなんだけど、あれって冬だったっけ?)だった。それまではアニメ全く見る人じゃなかったし、プレゼンでアニメネタとか出てきたら引くくらいだったのにw。アニ…

todo: 今年見たアニメと一行感想を書く

生きることは難しい。

なぜ誰も使わない機能をリリースしてしまうのか

闇 Advent Calendar 2013 が面白い。読んでたら自分も最近感じることを書きたくなったので、書いてみる。なお以下は、Webサービスを自社開発する会社に限った話と思ってください。 渾身のアイデアがこける理由 Webサービスを開発していると、いけると思った…

不特定多数

友達が、不特定多数に向けて文章を書こうと思うと難しくて、この人に話を聞いてもらいたいという具体的な人がいると筆が進む、願わくばそんな人が一人でも増えてほしい、との旨のことを書いていて、確かにとすごく共感した。(鍵アカなのに勝手に書いてごめ…

仕事

仕事のことを当たり障りない程度に書きたいんだけど、いくら当たり障りなくても不特定多数が見る場所に書くのはどうなのかなぁという漠然とした不安がよぎって手が動かない。自分の所属もフォロワーとかみればわかってしまうし。 が、人に話したいという気持…

地震で起こされてしまったのでつらつら

Aを知らない人達と、知ってるが興味のない人達と、知ってるがお金を出すほどでもないと思ってる人達は、効果的なプロモーション方法がそれぞれ異なるはず。 プロモーションの話をするときは、これらの人達が現在どんな分布でいるのかと、そのプロモーション…

勉強会

会社のビルで技術勉強会やってた。テーマも、自分が普段の業務で触れてる領域のものだった。 だけど行かなかった *1 。最近はとにかく業務で担当してるサービスをどうにかして伸ばさな、ということで頭がいっぱいで、テッキーな話を聞きに行っても心ここにあ…

いつかの増田

前に増田で、「安楽死を合法化すべき。毎日死ぬほどの苦しみを負っていても死ねない人にはむごすぎる」みたいな文章が投稿されてた。 なるほどなーそうだよなーと納得しつつも、ブコメの「死ぬほど辛い時期を経て幸せになるような人にとってはまずいんじゃね…

ここに書きたいことが多すぎる。

さみしさの耐性

ここ3年くらいで、自分はさみしさ耐性みたいなのがついたと思っていた。 が、どうやらそれは間違っていて、さみしさを誤魔化したり別の気持ちにすり替えたりする能力が発達しただけで、本来のさみしさ耐性みたいなのは変わってないのだと気づいた。 たまに誰…

老害について

http://d.hatena.ne.jp/takerunba/touch/20131014/p5 http://kentaro.tumblr.com/post/47574296501ネットで老害という言葉を聞くたびなんだか引っかかる感じする。 老害という言葉を「自分の経験や感覚を過信した結果、論理性を欠いた発言で組織を足止めさせ…

フレームワーク

薄いフレームワークAを使う -> 物足りない機能を自前で書く -> Aより少し厚いフレームワークBの劣化版の完成(最初からBを選んでいれば省けたはずの時間が無駄になった)が個人的にだいぶあるあるなので、最初の想定より少し厚めのものを採用するのが良いの…

サービスを飛躍的に成長させるためにはちまちました改善ばかりしていては駄目で常に大きなアイデアを考えなければならないみたいな話、割と信じてるけど、じゃあFacebookが日本で見向きもされなかった時代から今まで何が変わったか考えるとぶっちゃけUIくら…

キャリアとか

働き出した頃はいかにスキルを伸ばすかということしか頭になくて、目の前の仕事がスキルの足しになるかどうかで気分が上がり下がりしてる感じだった。モチベーションの波は激しかったものの、未来のことは割と考えてた。 今はというと、いかにサービスを成長…

だから何、というわけでもない話をつらつらと

設計やテストケースを考えるマクロ的な力と、がりがり実装する力は、それぞれ脳みその全く別々の部分を使っている感じがする。どちらかをやっていればもう片方も鍛えられるというものでは案外なくて、片方にかまけてるともう片方がすぐになまるし、どちらが…

スタバでぼーっとしてたら高校生くらいの女の子に話しかけられて、あのこれ読んでください…!と手紙を渡されて、突然の出来事に呆然としてたら、その子とグルの人に財布をスられる、という最悪な夢で起きた— Cside (@Cside_) October 22, 2013正確には、両側…

コードを書けば書くほど事業が前進すればどれだけ楽か、と思う。 1万行のコードで利益が1%上がるよりも、一行のコードで利益が5%上がるほうが尊いわけで。 ぶっちゃけ、Web業界はほとんどの分野で市場が成熟してきているように見える。 よく、アイデアよりも…

「痛みを感じる方向に出口がある」

たとえば理想と現実のギャップに耐えられなくなって生きる価値を見失ってしまうとき、高い志とか向上心とかいったものは本当に人を幸せにするものなのかなぁ、と疑念を抱く。

他人の不幸

精神的にかなり追い詰められているときに、どんなことよりも最終的に自分を救うのは、「自分よりさらに不幸な例を知ったとき」だったりする。前もこうだった。人の不幸で解放されるなんで下衆いようにしか思えなくて、どうしてこうなるのかずっと理由を考え…

生きたいという欲求というか、生への執着心というのはとても強固にできているから、たとえ死ぬほどつらい苦しみを背負ったとしても、人間は生きることを選んじゃうと思うんだよな。 ということを考えるたび、それじゃあ実際に死んでしまった人はどれほどの苦…

優しさ

人に優しくしたとき、無意識のうちに見返りを求めていて、というか見返りポイントみたいなのが溜まって、 仮に未来にその人に裏切られたり突き放されたりしたときに、その見返りポイントが一気に相手への憎悪に転じてしまう。 それなら初めから優しくしなけ…

「どうして本当に欲しいものは、いつも目の前を通り過ぎていくのだろう 欲しいと望めば離れてゆき、嫌だと思っても繰り返される いつも期待は裏切られ、幸運は長く続かなく、人生はいつも思い通りにならない それでも幸運が不運に変わることがあるのなら、不…

なんだろな

自分が全く意図していないところで、相手をものすごく傷つけたり、怒らせたり、ということがあった。普段から言動には気を遣っているつもりだったから、なおさら驚いたというか、ショックだった。 それでふと思ったのだけど、誰も相手を傷つけようと思って傷…